うおつり丸 2days

この世で一番愛してやまない船はうおつり丸である。2022年12月第2週目の、出航。

<Day1>
いつものうおつり丸メンバー @atuyr @keitsujifishing に加え、現役レーサーの小出樹選手 @koideitsuki もジョイン。ツトム船長と5人、わいわいと出航。

水深90mほどの沖に出てひと流し目。いきなりフォーリングで糸が止まる。

……!

ふっと糸が切れていた。おそらくはサワラの歯にあたったのだろうということだが、沖縄釣行で大当たりしたジグパラ100gの #87ライブ腹グローキビナゴ(ケイムラ)が早速無くなった……。

もう100g以上のジグがないので、ジギングを初めて最初に買ったがそれ以来出番のなかった80gのフラッグトラップを投入。カラーはブルピン。あんまり釣れるイメージがなくてこの2年使うことのなかったこのジグが、この日大当たりすることになる。

幸いリーダーは残っていたので結び直してすぐ、今度は底で重いアタリ。上げてみると、立派なアカヤガラであった。釣るのは2回目。でも盛大にオマツリを起こしていて申し訳なかった……。

ヤガラが釣れる時は潮が止まっているときとはよく言われるし、体感とも合うところ。これで魚が止まらないといいのだが。「つり人」最新号がマハタ特集だったのをちらりと見ていたからか、なんとなく「マハタ釣りたいな〜」と言っていたらいいアタリ。なんとマハタであった。言霊だ。

その後群れで入っていた?ヨコワが掛かるサプライズもあったが、さらにシイラがそれに続く。なんだか今日は魚影が濃い。

後半戦、浅場に移動してからはかなり風が強く、耐え忍ぶ釣り。オオモンハタ、アカハタ釣りは慣れたものよ。

小出選手も後半ハタを連続ヒット。釣りは2回目というが、これを機にハマってもらえたら嬉しい。自分は浅瀬に来てからはいまいちリズムが掴めず、ルアーをロスト&ロスト。

寄港時に、内湾で鳥山&ナブラ! ということで啓兄とドラゴンはこぞってキャスティングするが、不発。なんの魚だったのだろう。ドラゴンが水没するトラブル(!)がありながら、この日は16時前に終了。たっぷり釣りをした。


船での成果。自分はアカヤガラ、シイラ、マハタ、アカハタ。オオモンハタは釣れたかどうか忘れてしまった。たぶんオオモン啓の釣果であろう。

<Day2>

初日に満足のいく釣果があると、朝方のソワソワがなくてよい。なんだか釣りの一日の始まりを、おおらかに楽しめている。昨日なんかは、何を投げてやろう、何を釣ってやろう、どんなアクションで……とか頭の中はせわしなく風景などは目に写っていても体感されていないのであった。

この日はツトム船長とドラゴン@atuyrの親子と3人。昨日が5人だったから、広々としている。母上につくっていただいたおにぎりがとても美味しく、美しい風景に涙が出そうになる。

この日も沖を流す。最初のヒットは@atuyrで、なんとまたアカヤガラからスタート。この海域に、どれだけこの細長い魚がいるのだろうか……。

昨日のイメージに引きずられて、やはりヒットルアーを流すが同じように釣れないのがやはり釣り。食いついてきたのはさとしうおであった。こちらも潮があまり流れていないときに釣れるイメージ。

とはいえ、底でひったくるようなアタリ! 今回はウッカリカサゴ。まずまずのサイズで迫力がある。このポイントではもう一匹追加するとともに、@atuyrはフォーリングでサバをゲット。ça va bien.サバ、1年目に釣ったきりジギングで釣ったことがなく、また釣りたいな。

沖でアタリがなくなったのでまた岸際のハタ釣りに。昨日はうまく噛み合わなかったハタ釣り、修正したい。オオモン啓が昨日ばかすかと釣っていたのを見て(そうでなくてもオオモンハタ釣りは名人級に上手い)、何が違うのかと自問しながら夜を過ごしたのだ。

今回は少しキャスティングを入れて広く誘うことを意識。風が強く流されて底がとれないので、水深25-30mレンジだが60gのジグを使う。ずっと温めていたこいつの出番である。

これで広く誘うと、アタリが頻発! なのだが、釣れてくるのはアカハタばかり。何が違うのか……。いいサイズのアカちゃんも混ざり、釣りものとしてはとても楽しい。小型のものはリリース。

あまりに風が強いので風裏のスポットに逃げ込んだが、ここがよかった。サラシの中でナブラも起こり、魚っけ十分。ここでも広く探っているとアカハタが飽きない程度に釣れてくれるのだった。なんだかんだと釣りを続けさせてもらって14時前に帰港。南伊勢はいつ来ても、豊かであった。

<タックル覚書き>

いろいろとジグをなくしてしまったが、自分の中での定番ジグのライナップが見えてきた気がする。あんまりあれこれ悩みたくないので、自分の中の定番を決めてそれだけ揃えるようにしたい。重めのジグはレパートリー増やさないと・・

100g
ジグパラ/#87ライブ腹グローキビナゴ (欠品中)
ジグパラ/ピンク(欲しい)

80g
ジグパラ/#87ライブ腹グローキビナゴ
ジグパラ/ピンク(欲しい)
フラッグトラップ/ブルピン
TGベイト/グリーンゴールド

60g
バンブルズ バイトビーンズTG/ゼブラグロー
ジャックアイ マキノミー/セブラグロー
フラッグトラップ/数色

40g
ジャックアイ マキノミー/数色

30g
バンブルズ バイトビーンズTG/グリーンゴールド

編集者、ライター、サイクルロードレース実況担当(GCN)、レースMC、釣り人、シクロクロッサー。

自転車で行く釣り/Bike to Fishing/海外釣行/バス/渓流/シーバス

Latest from Blog

2023年の初釣りはうおつり丸で

この世で一番愛してやまない船はうおつり丸である。新年もとうに2週間が過ぎ去って、ようやく釣り竿を振るときが来た。今回も無理を言って、うおつり丸を出船してもらった。毎度のことながら、@atuyrとツトム船長には感謝しかない

2022年に読んだ本

2022年は春から仕事も住む場所も、環境ががらりと変わったけれど、時間に余裕のある日も増えてきて、森の中のような家で本を読むようになったのは嬉しい変化だった。年末の大掃除にと引っ越して以来手つかずでいた本棚周りも大きく手

12月の稲城クロス2022 

前橋から一週間、こちらも毎回MCを務める稲城クロスに馳せ参じてきました。年に2回の稲城ですが、12月開催は初めて(いつもは2月)ということで、前回10月から2ヶ月あまりという短いスパンでの開催。前回は他イベントと多数重な

前橋シクロクロス2022 久々に自分もレース&MC

冬になって仕事も落ち着いてきたので(自転車業界あるあるらしい)、またブログを再開。今後は仕事の内容はこの春に立ち上げたArenbergに公開していくとして、こちらは日常を綴る正しいブログとして、あとは釣りの成果などを綴る

稲城クロス 2022 会場MCを担当しました

2019年10月の第5回大会を最後に開催が途絶えていた稲城クロスが久々の実施! 今回もありがたいことに会場MCを仰せつかり、稲城市へと馳せ参じました。 シクロクロスの普及レースとして位置づけられる稲城クロス。トップカテゴ