ナマズ釣りの味をしめる

一度ナマズを釣ってしまうと、そしてナマズが身近な川にいることを知ってしまうと、これまで通り過ぎてきた川もフィールドなのではないかという視点を持つようになる。流れの強弱、淵の有無、そして田んぼと流れ込みの位置関係。自転車に乗っていても、こうした風景に目を配るようになる。大袈裟に言えば、釣りが世界を見る視野を広げてくれたということだ。

休日の昼下がり、河原沿いのハイキングコースを歩く。たくさんの人が泳いだり、BBQをしている。こんな水辺に、あんな怪物じみたけれど愛嬌のある魚がいるなんて、まだちょっと信じられないぐらいではある。

夜。今度は自転車で戻ってきた。釣竿を携えて。速い流れをうまく釣ることはできないが、淵との間のシャローエリアで2匹。幸先がいい。

まだこの釣りの感覚が掴めていない(しかも久しぶりのベイトタックルにもやや苦戦気味だ)が、だからこそ少しずつ自分のものにしていく過程が楽しい。どこに魚が集まって、どのタイミングでどのスピードで通すべきか。わからないことだらけだ。

ポイントを変えさらに2尾追加。ルアーはいずれもSmithのキャタピーJr。グローカラー。確かに、ナマズを釣るのにこのルアーはひとつの完成形かもと思わせる。ダブルフックのトップウォーターの釣りはルアーを無くす心配をしなくてもいいのがいい。

ふと見やると水面をホタルがふらふらと飛んでいた。夏の間は週に1回ぐらい、夜の水辺に立つのは悪くなさそうだ。

編集者、ライター、サイクルロードレース実況担当(DAZN)、レースMC、釣り人、シクロクロッサー、アマチュア写真愛好家

自転車で行く釣り/Bike to Fishing/海外釣行/バス/渓流/シーバス

Latest from Blog

飯能サタデーライド

ふだん一人で100kmを走ることは稀で、まして2000mを登るなんてことは年に数回あるかないか。しかし、どうやら今夏話題のエベレスティングに身を投じることになりそうなので、少しずつ登れるようになりたいという気持ちから、ソ

久々の外ライド

しばらく室内でのzwift続きで、久しぶりの外ライド。5月は結構な頻度でzwiftをしていたものだから、ちょっと強くなったんじゃないかと期待をしつつ走り出す。ライドバディは奥村さんと山P。いつものメンバーです。 雨上がり

マイ・ファースト・キャットフィッシュ

今季初のスモーリーを釣り上げた日、実は川原で、小さなナマズを見つけたのだった。ふらふらとあてどなくヒゲを揺らしながら泳いでいる姿を見て、「そうだ、ナマズ釣ってみよう」と思ったのだった。 近所の川で夜にナマズが釣れるとは聞