ナマズ釣りの味をしめる

一度ナマズを釣ってしまうと、そしてナマズが身近な川にいることを知ってしまうと、これまで通り過ぎてきた川もフィールドなのではないかという視点を持つようになる。流れの強弱、淵の有無、そして田んぼと流れ込みの位置関係。自転車に乗っていても、こうした風景に目を配るようになる。大袈裟に言えば、釣りが世界を見る視野を広げてくれたということだ。

休日の昼下がり、河原沿いのハイキングコースを歩く。たくさんの人が泳いだり、BBQをしている。こんな水辺に、あんな怪物じみたけれど愛嬌のある魚がいるなんて、まだちょっと信じられないぐらいではある。

夜。今度は自転車で戻ってきた。釣竿を携えて。速い流れをうまく釣ることはできないが、淵との間のシャローエリアで2匹。幸先がいい。

まだこの釣りの感覚が掴めていない(しかも久しぶりのベイトタックルにもやや苦戦気味だ)が、だからこそ少しずつ自分のものにしていく過程が楽しい。どこに魚が集まって、どのタイミングでどのスピードで通すべきか。わからないことだらけだ。

ポイントを変えさらに2尾追加。ルアーはいずれもSmithのキャタピーJr。グローカラー。確かに、ナマズを釣るのにこのルアーはひとつの完成形かもと思わせる。ダブルフックのトップウォーターの釣りはルアーを無くす心配をしなくてもいいのがいい。

ふと見やると水面をホタルがふらふらと飛んでいた。夏の間は週に1回ぐらい、夜の水辺に立つのは悪くなさそうだ。

編集者、ライター、サイクルロードレース実況担当(GCN)、レースMC、釣り人、シクロクロッサー。

自転車で行く釣り/Bike to Fishing/海外釣行/バス/渓流/シーバス

Latest from Blog

1月2日、登山

明けましておめでとうございます。年々、一年の振り返りもできないまま年末が過ぎ、新年になってしまうを繰り返しつつ、今年もよい年にしたいと思いを新たにする年始です。今年はできるだけブログを更新したい(…と毎年おもうのだけど)

Ridley KANZO 4モデルインプレッション

バイシクルクラブにて、リドレーのグラベルロード〈KANZO〉を一挙4モデルのインプレションを担当しました。慣れないバイクインプレッションでしたが、乗り比べることで見えるものがあり、また同じモデル名に4つの「グレード」では

ぐっときた幕張クロス2020

11月最初の日曜日は、幕張クロスで会場MC担当でした。 稲城クロスに続いて、今シーズン2回目のシクロクロス会場MC。今回はJCXということで、ハイレベルな選手たちも集まり、より競技色の強い1日となりました。 天候にも恵ま

辻啓カレンダー2021

ジロも終わった10月末、しばしの休暇に大阪の啓兄を訪ねる。自転車メディアに止まらず活躍中のフォトヴィデオグラファーの岩崎さんも加わり、釣り好きメディア関係者で思いのまま1日釣竿を振ったのだった。サゴシ(サワラ)にハマチに