文化のかおる、代官山の蔦屋書店でトークショーをすることになったのだ

恐れ多くも、あの文化的おしゃん総本山の代官山の蔦屋書店でトークショーのスピーカーとして呼んでいただきました。学生の頃、六本木にできた夜遅くまでやってるTSUTAYAに都会を感じ、その後できた代官山はまた違った大人な雰囲気のあって、いまでもちょっと特別視しちゃう書店でもある。

作っている雑誌をいつも平台で置いてくださっている(深謝)書店さんですが、今回はスピーカーということで、喋りに参ります。トークのテーマは、『自転車と珈琲の幸福論』。他のゲストには国分寺Life size Cribeの吉田さん、進行役には自転車YouTuberのけんたさんということで、どちらもその世界では有名人。楽しみです。

僕はコーヒーと西欧自転車文化の関わり、サイクリストとコーヒー、ってな内容でいろいろお話しできればと思っています。5月22日(水)の19時から。お仕事帰りに、ぜひお立ち寄りを。参加は下記リンク先ページから申し込みです。入場料¥1,000ですが、バリスタがこの日のために淹れるコーヒーも提供されるのでオトクです。

代官山 蔦屋書店サイクリング倶楽部 Vol.2 presented by Rapha 自転車と珈琲の幸福論トークセッション

で、コーヒーの勉強もGWに少ししたのですが、コーヒーを巡る歴史って驚くほど面白い……! ブルーボトルコーヒーの元ネタがオーストリアにあるとか、アメリカンコーヒーがなぜ薄いかとか、当然ですがちゃんと理由があるんですね。この2冊は大変面白く読みました。

編集者、ライター、サイクルロードレース実況担当(GCN)、レースMC、釣り人、シクロクロッサー。

自転車で行く釣り/Bike to Fishing/海外釣行/バス/渓流/シーバス

Latest from Blog

稲城クロス 2022 会場MCを担当しました

2019年10月の第5回大会を最後に開催が途絶えていた稲城クロスが久々の実施! 今回もありがたいことに会場MCを仰せつかり、稲城市へと馳せ参じました。 シクロクロスの普及レースとして位置づけられる稲城クロス。トップカテゴ

VISIT: 新潟県六日町

仕事で新潟の内陸部へ。ローカル線は前日から運休が決まっているというほどに、雪がすごく降っているということだが、大宮から乗った新幹線の車窓は、これでもかと晴れていて、これから雪国に行くという実感が持てないのであった。 トン

津波でレースがなくなることもある

津波注意報でシクロクロスレースがなくなった。短い人生も、生きていればいろんな理由でレースがなくなるものだ。シーズンオープナーの千葉シクロクロスでそこそこに走れたこともあり、気合は十分。前日にコース試走動画までチェックして

1月2日、登山

明けましておめでとうございます。年々、一年の振り返りもできないまま年末が過ぎ、新年になってしまうを繰り返しつつ、今年もよい年にしたいと思いを新たにする年始です。今年はできるだけブログを更新したい(…と毎年おもうのだけど)