2017-18 JCX シクロクロスミーティング#4 飯山

/

悔恨のナイトレースから一夜明けて、デイレースはJCXシリーズ選。昨年の終わりからJCXをあまり走っていない身としては、少なくともJCXポイントを参加ポイント以上取れる50位以上、できるなら30ポイントをとれる40位以上でフィニッシュすることが重要。C1人口が増えたことで、JCXレースも定員になるケース(スターライトクロスとか)も増えてきたので、出場したレースで着実にポイントを稼ぐことが全日本選手権の出場につながる。

晴れているものの、昨夜の雨でコンディションは当然マッド。ホームストレート直後の泥区間は重くてすべて乗車ではこなせない。パワーが欲しい。林間のシングルトラック区間も乗車のまま行けず、ずっとランニングモード。こうなってしまうと毎回の、「ランの練習しておけばよかった」状態になるわけで。

あまり冴えたところなく、後半には階段後の下りでチェーン外れを2回メイク。これで3つ4つポジションを落としたのはポイントがかかっているだけにもったいない。泥が乗ったのもあるけれど、階段での担ぎの時におそらく体が当たったか地面に置いた時の衝撃で外れてしまったようだ。キツい時こそ丁寧に。これです。

あまりいいところがなく、マイナス2LAPでレース終了。40分間も走らなかった…(カテ2よりも短い!)35位で辛くも目標の最低ラインのポイントを獲得。フロントがクリンチャーだったのはあんまり気にならなかったナ。

23547228_1412702362185423_237152798_o
PHOTO:So Isobe

2017-18 JCX シクロクロスミーティング#4 飯山 C1
順位:35位/64人 54%

 

編集者、ライター、サイクルロードレース実況担当(GCN)、レースMC、釣り人、シクロクロッサー。

自転車で行く釣り/Bike to Fishing/海外釣行/バス/渓流/シーバス

Latest from Blog

稲城クロス 2022 会場MCを担当しました

2019年10月の第5回大会を最後に開催が途絶えていた稲城クロスが久々の実施! 今回もありがたいことに会場MCを仰せつかり、稲城市へと馳せ参じました。 シクロクロスの普及レースとして位置づけられる稲城クロス。トップカテゴ

VISIT: 新潟県六日町

仕事で新潟の内陸部へ。ローカル線は前日から運休が決まっているというほどに、雪がすごく降っているということだが、大宮から乗った新幹線の車窓は、これでもかと晴れていて、これから雪国に行くという実感が持てないのであった。 トン

津波でレースがなくなることもある

津波注意報でシクロクロスレースがなくなった。短い人生も、生きていればいろんな理由でレースがなくなるものだ。シーズンオープナーの千葉シクロクロスでそこそこに走れたこともあり、気合は十分。前日にコース試走動画までチェックして

1月2日、登山

明けましておめでとうございます。年々、一年の振り返りもできないまま年末が過ぎ、新年になってしまうを繰り返しつつ、今年もよい年にしたいと思いを新たにする年始です。今年はできるだけブログを更新したい(…と毎年おもうのだけど)