Park run、今年初のスモールマウスバス

朝はPark runの取材に二子玉川へ。今週取材したそのコンセプトのオープンさに共感。世界的な広がりを見せているPark runの今後に期待です。取材記事は来週をメドにonyourmarkに掲載予定です。

帰省も兼ねてホーム・リバーで夕方竿を出す。5月になり水温もウェットウェーディングで問題ないぬるさ。気持ちいい。バスの活性もちゃんと上がっていて、父作ミノーのピックアップ寸前に水面で食いそびれたバスが連続でバイト! 糸の垂らしは30cmという足元でナイスワンが食って来ました。こういう釣り、アドレナリンが出る。

同じポイント、同じルアーで立て続けにもう一本。サイズは下がったけれど、川のミノーゲームはやっぱりいい。

それにしても、スモールマウスバスって美しいサカナですなぁ。

ROD: Huerco XT511-5S
REEL: Daiwa Theory 2500
LINE: Flolo 4lb
LURE: Minnow handmade by my father

編集者、ライター、サイクルロードレース実況担当(GCN)、レースMC、釣り人、シクロクロッサー。

自転車で行く釣り/Bike to Fishing/海外釣行/バス/渓流/シーバス

Latest from Blog

稲城クロス 2022 会場MCを担当しました

2019年10月の第5回大会を最後に開催が途絶えていた稲城クロスが久々の実施! 今回もありがたいことに会場MCを仰せつかり、稲城市へと馳せ参じました。 シクロクロスの普及レースとして位置づけられる稲城クロス。トップカテゴ

VISIT: 新潟県六日町

仕事で新潟の内陸部へ。ローカル線は前日から運休が決まっているというほどに、雪がすごく降っているということだが、大宮から乗った新幹線の車窓は、これでもかと晴れていて、これから雪国に行くという実感が持てないのであった。 トン

津波でレースがなくなることもある

津波注意報でシクロクロスレースがなくなった。短い人生も、生きていればいろんな理由でレースがなくなるものだ。シーズンオープナーの千葉シクロクロスでそこそこに走れたこともあり、気合は十分。前日にコース試走動画までチェックして

1月2日、登山

明けましておめでとうございます。年々、一年の振り返りもできないまま年末が過ぎ、新年になってしまうを繰り返しつつ、今年もよい年にしたいと思いを新たにする年始です。今年はできるだけブログを更新したい(…と毎年おもうのだけど)