1月2日、登山

明けましておめでとうございます。年々、一年の振り返りもできないまま年末が過ぎ、新年になってしまうを繰り返しつつ、今年もよい年にしたいと思いを新たにする年始です。今年はできるだけブログを更新したい(…と毎年おもうのだけど)ところです。

2020年は大晦日まで自転車に乗って、初めてFestive500を達成、なんだか年明けも気分が良いですね。元日はゆっくり本などを読みつつ過ごし、身体を動かしたくなる新年2日目は、近所の山へ。

<ルート>
さわらびの湯〜白谷橋登山口〜岩茸石〜棒ノ嶺〜河又バス停〜さわらびの湯


朝は-4℃。


大きな月だったが写真に写すと小さくなってしまった。


マイナス気温の自然の造形。


棒ノ嶺(標高969m)

山頂まで2時間少し、休憩入れて下山まで2時間の、合計4時間ちょっとというコンパクト登山。それでも下りは足にキた。近場に低山がたくさんあるのだから、今年は登山もぼちぼちやっていこう。下りに強くなりたいなー。次回はポールを忘れないようにしよう。

編集者、ライター、サイクルロードレース実況担当(GCN)、レースMC、釣り人、シクロクロッサー。

自転車で行く釣り/Bike to Fishing/海外釣行/バス/渓流/シーバス

Latest from Blog

稲城クロス 2022 会場MCを担当しました

2019年10月の第5回大会を最後に開催が途絶えていた稲城クロスが久々の実施! 今回もありがたいことに会場MCを仰せつかり、稲城市へと馳せ参じました。 シクロクロスの普及レースとして位置づけられる稲城クロス。トップカテゴ

VISIT: 新潟県六日町

仕事で新潟の内陸部へ。ローカル線は前日から運休が決まっているというほどに、雪がすごく降っているということだが、大宮から乗った新幹線の車窓は、これでもかと晴れていて、これから雪国に行くという実感が持てないのであった。 トン

津波でレースがなくなることもある

津波注意報でシクロクロスレースがなくなった。短い人生も、生きていればいろんな理由でレースがなくなるものだ。シーズンオープナーの千葉シクロクロスでそこそこに走れたこともあり、気合は十分。前日にコース試走動画までチェックして

Ridley KANZO 4モデルインプレッション

バイシクルクラブにて、リドレーのグラベルロード〈KANZO〉を一挙4モデルのインプレションを担当しました。慣れないバイクインプレッションでしたが、乗り比べることで見えるものがあり、また同じモデル名に4つの「グレード」では