山内製菓「徳之島の黒砂糖」三船雅彦ver. 写真を使っていただきました

鹿児島の山内製菓さんの「徳之島の黒砂糖」、パッケージに三船雅彦さんを配した特別仕様が登場。この三船さんの写真に、2019年パリ〜ブレスト〜パリで僕が撮影したものを使っていただきました。

三船さんのPBP挑戦は、前後編のドキュメントをonyourmarkに寄せています。

現物を早速三船さんより送っていただきました。なんでも徳之島の黒砂糖自体がなかなか生産量の絶対量が少なく、もとから大量生産を見越していないという貴重なもの。パッケージにも記載がある通り、ミネラルが豊富でロングライドでの補給食を想定しているそう。200kmを超えるようなライドだと、だんだん体もストレスに過敏になるので、天然素材で体に優しいものを摂りながら走りたいものです。

自分も、この夏にエベレスティングを予定しているので、その際にはこの「徳之島の黒砂糖」で走り切りたいと思います。眼前で見た三船さんの強さが蘇ってくるようで、きっと背中を押してくれるでしょう。ちなみにデスクワーク時の糖質補給にもいい感じであります。

パッケージ写真のオリジナルは、PBPのフィニッシュシーンのもの。

PBPはいまだに自分の中でどう消化したらいいかわからないままのイベントでもあり。5月の外出自粛期間には写真を何度か遡って見返したり、何かを書こうかと試みては断念するという繰り返し。

改めて、三船さんが見せてくれたその世界に、彼の鉄人ぶりを思い起こす。

黒砂糖のお求めはこちらから。自転車ショップでも販売しているところがあるようです。
山内製菓「徳之島の黒砂糖」三船雅彦ver.

編集者、ライター、サイクルロードレース実況担当(DAZN)、レースMC、釣り人、シクロクロッサー、アマチュア写真愛好家

自転車で行く釣り/Bike to Fishing/海外釣行/バス/渓流/シーバス

Latest from Blog

月刊スカパー! にツールドフランス記事を執筆しました

いよいよ8月末に始まるツール・ド・フランスを控え、「月間スカパー!」に執筆しました。今夏公開となる劇場版『弱虫ペダル』の出演者、伊藤健太郎さんに撮影秘話を伺いつつ、栗村修さんによるツールの見所紹介という内容になっています

飯能サタデーライド

ふだん一人で100kmを走ることは稀で、まして2000mを登るなんてことは年に数回あるかないか。しかし、どうやら今夏話題のエベレスティングに身を投じることになりそうなので、少しずつ登れるようになりたいという気持ちから、ソ

久々の外ライド

しばらく室内でのzwift続きで、久しぶりの外ライド。5月は結構な頻度でzwiftをしていたものだから、ちょっと強くなったんじゃないかと期待をしつつ走り出す。ライドバディは奥村さんと山P。いつものメンバーです。 雨上がり

ナマズ釣りの味をしめる

一度ナマズを釣ってしまうと、そしてナマズが身近な川にいることを知ってしまうと、これまで通り過ぎてきた川もフィールドなのではないかという視点を持つようになる。流れの強弱、淵の有無、そして田んぼと流れ込みの位置関係。自転車に