久々の外出、久々のスモール

外出もままならない5月。6日間完全に家の外から出ない、をメイクした反動もあり、5月末の夕方、久々にホームリバーへと自転車を走らせた。もちろん釣竿をフレームバッグに忍ばせて。

休日の小河川はそれでもBBQや水浴の人たちがちらほらいて、彼らはどんな春を過ごしたのだろうと久々の自分以外の人々を見て生活を思う。ルアーフィッシングスタイルの先行者がいたので、ペダルを踏んで大きく上流へ先行。雨後のにごりが入り増水した状況。懸念は昨年の台風19号から川の形が変わり、魚もみんな流されてしまったのではないかということ。

堰には放されたばかりであろう稚鮎が懸命に遡上しようと飛び跳ねている。ミノー、スピナーと投げていくも反応はなし。とはいえ、こうやって外で釣竿を触れるだけでも気分のいいものだ。

下流に放ったベビーシャッドspにナイスバイトあり! 増水しているので慎重にやりとりをして、今季初のスモーリーを釣る。釣れてくれてありがとう。うれしい。30cmほど。気がつけばヘルメットをかぶったままでの釣りであった。

編集者、ライター、サイクルロードレース実況担当(GCN)、レースMC、釣り人、シクロクロッサー。

自転車で行く釣り/Bike to Fishing/海外釣行/バス/渓流/シーバス

Latest from Blog

稲城クロス 2022 会場MCを担当しました

2019年10月の第5回大会を最後に開催が途絶えていた稲城クロスが久々の実施! 今回もありがたいことに会場MCを仰せつかり、稲城市へと馳せ参じました。 シクロクロスの普及レースとして位置づけられる稲城クロス。トップカテゴ

VISIT: 新潟県六日町

仕事で新潟の内陸部へ。ローカル線は前日から運休が決まっているというほどに、雪がすごく降っているということだが、大宮から乗った新幹線の車窓は、これでもかと晴れていて、これから雪国に行くという実感が持てないのであった。 トン

津波でレースがなくなることもある

津波注意報でシクロクロスレースがなくなった。短い人生も、生きていればいろんな理由でレースがなくなるものだ。シーズンオープナーの千葉シクロクロスでそこそこに走れたこともあり、気合は十分。前日にコース試走動画までチェックして

1月2日、登山

明けましておめでとうございます。年々、一年の振り返りもできないまま年末が過ぎ、新年になってしまうを繰り返しつつ、今年もよい年にしたいと思いを新たにする年始です。今年はできるだけブログを更新したい(…と毎年おもうのだけど)