ノケレ・クルス Nokere Koerse – DAZN実況

/

2019年3月20日にベルギーで開催される第74回ノケレ・クルス。DAZNにて実況することになりましたので、レースについての放送メモ。

UCI ヨーロッパツアー 1.HC ノケレ・クルス

1944年に初開催されたベルギーのワンデイレース。フランドル地方オースト・フランデレン州の町ノケレ周辺が舞台のセミクラシック。平均勾配5.7%、最大勾配7%、距離350mの石畳の登りノケレベルグを複数回登りフィニッシュするレイアウト。セミクラシックらしい、入り組んだ周回コースが設定される。

1961年の第17回大会までは、『グランプリ・ユール・ローヴィ』という名称だった。ノケレ生まれのプロ選手、ローヴィにちなんでもの。ローヴィは1913年生まれ、1935〜47年にプロのキャリアをもち、1938年の第6回パリ〜ニースでは総合優勝を遂げたほか、1943年のパリ〜ルーベでは5名の先頭グループでのスプリントで同じくベルギーの「黒い鷹」マルセル・キントに敗れ2位となっている。キントは1938年の世界チャンピオン(戦前最後)で43年にもパリ〜ルーベやツール区間を制した名選手。

ローヴィが没したダンセの街が、ノケレ・クルスではスタート地点になっている。1960年の没後、1963年から『ノケレ・クルス』という名称で開催されている。

2019年大会は195.6km。オウデナールデなどを通過しつつ、86.9km地点から周回コースへIN。1周14.2kmの小周回を3周したのち、この周回を含みながら東に膨らむループを加えた大周回34.4kmを2周の計5周をして、ノケレベルグでフィニッシュする。

パルマレス(優勝者リスト)から

近年の優勝者は08年ワウテル・ウェイラント、09年グレーム・ブラウン、10年イエンス・クークレール、11年ヘルト・ステーグマンス、12年フランチェスコ・キッキ、14年ケニー・デハース、15年クリス・ボックマンス、16年ティモシー・デュポン、17年、ナセル・ブアニ、18年ファビオ・ヤコブセン、と中級クラスの集団スプリントで勝てるスプリンターの名前が目立つ。トレインを必要とするピュアスプリンターにはやや難しく、ある程度自力で道を拓いていけるスプリンター、あるいはクラシックレーサー向けのレースであることがわかる。ゆるい上り坂フィニッシュということもあり、スプリント力は絶対必要条件だ。

ちなみに小ネタとして、昨年2位のアモリ・カピヨ(トップスポート・フランデレン)は、1992年の優勝者ヨアン・カピヨの息子。親子勝利はならず、今年のリベンジを期す。

優勝候補?

個として下馬評が高いのはコレンドン・サーカスのマチュー・ファンデルプール(オランダ)。大成功のシクロクロスシーズンから、ロード初戦のトルコのステージレースで早速区間優勝をもぎ取るなど、スプリント力、独走力、位置どりのスキルどれをとっても申し分なし。ここからツール・デ・フランドル、そしてアムステルゴールドレースまで本格的なクラシックレース参戦となるMVDPが最注目株なのは間違いない。

チームとしてはやはりドゥクーニンク・クイックステップ。昨年覇者のヤコブセンはいないものの、ツアー・コロンビアで区間優勝のアルバロ・ホッジがエースナンバー。そしてこのレースに強いル・サミン覇者のフロリアン・セネシャル、ピーター・セリー&イーリョ・ケイセといったアシスト勢の強さも光る。注目度で言えば、ベルギーでのプロ初戦となる怪童レムコ・エヴェネプールのUAEツアーからの復帰戦ともなる。

MVDPとの「恐るべき子供たち」争いが見たいところだが、さすがのマチューも19歳と比べられるともはや年配にすら感じられる。この世代で言えば、UAEチームエミレーツのジャスパー・フィリプセンも要注目。今年ダウンアンダーですでに区間優勝を遂げている21歳はチームのエースナンバーを背負う。

2017年優勝のブアニは再び輝きを見せることができるか? 今年のミラノ〜サンレモ出場を懸けた最後のチャンスとなるが、エースナンバーは昨年3位のユーゴ・ホフステテ。混戦になればなるほど強いホフステテがきっちり仕事をする可能性も高い。チームイネオス……じゃまだなかったチームスカイのエースはハルヴォルセン。今期はヘラルドサンツアーの1勝のみ。KBKで2位に入ったオウェン・ドゥールも好調につき、上位に絡んできそうだ。

トレック・セガフレッドのエースはUAEツアーのハッタ・ダムの登りゴールでカレブ・イワンに迫る2位となったマッテオ・モスケッティ。支えるのはFumyこと別府史之。

DAZNでの放送は3月20日 23:15〜

です!ぜひご視聴お願いします。ストラーデ・ビアンケで13位(!)フィニッシュした與那嶺恵理選手出場のウィメンズレースの結果もできる限りお伝えできれば、と。一人実況、楽しみたいと思います。

watch.dazn.com

編集者、ライター、サイクルロードレース実況担当(GCN)、レースMC、釣り人、シクロクロッサー。

自転車で行く釣り/Bike to Fishing/海外釣行/バス/渓流/シーバス

Latest from Blog

稲城クロス 2022 会場MCを担当しました

2019年10月の第5回大会を最後に開催が途絶えていた稲城クロスが久々の実施! 今回もありがたいことに会場MCを仰せつかり、稲城市へと馳せ参じました。 シクロクロスの普及レースとして位置づけられる稲城クロス。トップカテゴ

VISIT: 新潟県六日町

仕事で新潟の内陸部へ。ローカル線は前日から運休が決まっているというほどに、雪がすごく降っているということだが、大宮から乗った新幹線の車窓は、これでもかと晴れていて、これから雪国に行くという実感が持てないのであった。 トン

津波でレースがなくなることもある

津波注意報でシクロクロスレースがなくなった。短い人生も、生きていればいろんな理由でレースがなくなるものだ。シーズンオープナーの千葉シクロクロスでそこそこに走れたこともあり、気合は十分。前日にコース試走動画までチェックして

1月2日、登山

明けましておめでとうございます。年々、一年の振り返りもできないまま年末が過ぎ、新年になってしまうを繰り返しつつ、今年もよい年にしたいと思いを新たにする年始です。今年はできるだけブログを更新したい(…と毎年おもうのだけど)