ぐっときた幕張クロス2020

/

11月最初の日曜日は、幕張クロスで会場MC担当でした。

稲城クロスに続いて、今シーズン2回目のシクロクロス会場MC。今回はJCXということで、ハイレベルな選手たちも集まり、より競技色の強い1日となりました。

天候にも恵まれ、万全なコロナ対策の中で開催されたシクロクロスレース。マイクの受信範囲の関係で忍者返しやシケインエリアでレースを見ることは叶わなかったものの、ホームストレートからの重い芝生に奮闘する選手たちを見て、やっぱり、分かっていたことではあるけれど自分も走りたくなる(笑)


↑自分で撮った写真はこの1枚だけだった。余裕なし。

前夜にばったり会って、どこか浮かない顔をしていた綾野尋がレベルの高いジュニアカテゴリーで粘りの走りで2位に入った瞬間。男子エリートで高田くんがフルラップフィニッシュを果たした瞬間、そしてそれに続いた牧野さんのフィニッシュ。3者が3者とも、フィニッシュラインでガッツポーズをしてみせた。いずれもレースの勝者ではなかったが、会心のレースに思わず強く握られたその拳は、人よりも自分自身に負けなかった者だけが噛み締めることのできる喜びを示していて、個人的にはぐっときた。

こういう瞬間を目の当たりにできて、そして拙い実況でも会場で共有できるのが嬉しくて、シクロクロスの実況はやめられない。

そしてヨーロッパのトップシクロクロスレースのライブ実況も、だいぶメドが立ってきたようです。近日アナウンスできるかと思いますが、重要シリーズと、あの選手たちが激突するレースに関しては、日本語実況をつけてお届けできそうです。事前にしっかり勉強せねば。

メインフォトは、喋っているところを撮っていただいた珍しいカット。Rapha Clubhouse Tokyo福田さん、ありがとうございました。

編集者、ライター、サイクルロードレース実況担当(GCN)、レースMC、釣り人、シクロクロッサー。

自転車で行く釣り/Bike to Fishing/海外釣行/バス/渓流/シーバス

Latest from Blog

稲城クロス 2022 会場MCを担当しました

2019年10月の第5回大会を最後に開催が途絶えていた稲城クロスが久々の実施! 今回もありがたいことに会場MCを仰せつかり、稲城市へと馳せ参じました。 シクロクロスの普及レースとして位置づけられる稲城クロス。トップカテゴ

VISIT: 新潟県六日町

仕事で新潟の内陸部へ。ローカル線は前日から運休が決まっているというほどに、雪がすごく降っているということだが、大宮から乗った新幹線の車窓は、これでもかと晴れていて、これから雪国に行くという実感が持てないのであった。 トン

津波でレースがなくなることもある

津波注意報でシクロクロスレースがなくなった。短い人生も、生きていればいろんな理由でレースがなくなるものだ。シーズンオープナーの千葉シクロクロスでそこそこに走れたこともあり、気合は十分。前日にコース試走動画までチェックして

1月2日、登山

明けましておめでとうございます。年々、一年の振り返りもできないまま年末が過ぎ、新年になってしまうを繰り返しつつ、今年もよい年にしたいと思いを新たにする年始です。今年はできるだけブログを更新したい(…と毎年おもうのだけど)