【寄稿】CYCLE SPORTS 2020 7月号「乗らずに楽しむ“おうちじてんしゃ時間”」

/

2020年サイクルスポーツ7月号「乗らずに楽しむ“おうちじてんしゃ時間”」に寄稿しました。COVID-19の外出自粛を受けて、外に出ずに自転車を楽しむコンテンツを紹介するもので、僕は書籍、雑誌、インスタアカウントなどのピックアップで協力させてもらいました。

他の選者の方のよるピックアップも面白く、いい意味で自分の興味と違うものが出ています。乗るだけではなく、見るコンテンツとしての自転車をもっと楽しみたくなりますね。

誌面で紹介した僕のピックアップ、いくつかもう少しの補足を。

『ツール・ド・フランス 栄光のマイヨ・ジョーヌを求めて』北中康文 スーパーエディション

誌面でも書いたけれど、この時代にすでに写真表現としてのツール・ド・フランスはほとんど完成しているように感じる。フィルム時代の1枚へのこだわり、というものを感情的に信じたくなるのもあるかもしれないけれど、マシンガンのような連写が当然になった現代にあって、この時代の撮影論というものを知りたくなる。ツールは時代を写す鏡。ここに写っている、30年以上昔のフランスの夏に、なぜかノスタルジーを感じてしまう。からりとしたフランスの夏の暑さが写されている。

この本はオープンしたての盆栽自転車店で購入したものだったと記憶している。自転車本体だけでなく、文化まで提供できるこんなお店がもっともっといっぱいあるといいのにと今でも思う。

L’ATLAS DU VÉLO -Augmanté par Strava

これは昨年フランスで購入したもの。ちょうど発売されたところで、本屋にいったら普通に売っていた。序文をグルパマFDJのティボ・ピノが寄せている。Stravaはそのビッグデータを活かしたルート作成機能も充実の一途を辿っているけれど、こうしたサイクリストが実際に走っている、偽らざるデータから作り出されたルートガイドというのはよい。とくに僕たちのような外国人にとっては、異国の地を走るのにまたとない手引きになる。

買った時にも書いてるけど、日本版も作れるはず。Strava Japanへの取材の折にそれとなく言い続けているけど、今後も言い続けよう(笑)

今回改めて思った本の良いところは、それを買った場所とか、状況も含めて一冊との関わりがあることだなと。やっぱりできるだけ、お店で一冊を手に取りたい。それが時代錯誤なんだとしても。

編集者、ライター、サイクルロードレース実況担当(DAZN)、レースMC、釣り人、シクロクロッサー、アマチュア写真愛好家

自転車で行く釣り/Bike to Fishing/海外釣行/バス/渓流/シーバス

Latest from Blog

飯能サタデーライド

ふだん一人で100kmを走ることは稀で、まして2000mを登るなんてことは年に数回あるかないか。しかし、どうやら今夏話題のエベレスティングに身を投じることになりそうなので、少しずつ登れるようになりたいという気持ちから、ソ

久々の外ライド

しばらく室内でのzwift続きで、久しぶりの外ライド。5月は結構な頻度でzwiftをしていたものだから、ちょっと強くなったんじゃないかと期待をしつつ走り出す。ライドバディは奥村さんと山P。いつものメンバーです。 雨上がり

ナマズ釣りの味をしめる

一度ナマズを釣ってしまうと、そしてナマズが身近な川にいることを知ってしまうと、これまで通り過ぎてきた川もフィールドなのではないかという視点を持つようになる。流れの強弱、淵の有無、そして田んぼと流れ込みの位置関係。自転車に

マイ・ファースト・キャットフィッシュ

今季初のスモーリーを釣り上げた日、実は川原で、小さなナマズを見つけたのだった。ふらふらとあてどなくヒゲを揺らしながら泳いでいる姿を見て、「そうだ、ナマズ釣ってみよう」と思ったのだった。 近所の川で夜にナマズが釣れるとは聞