Canyon ride in Kyoto

サイクルモードライド大阪を終えて、Canyon Japan様のご好意で京都テストライドに。お借りしたのはハイエンドのエアロロードバイク、Aeroad CF SLX。ホアキン・ロドリゲスの愛車としてしても知られる一台。自分の経験値で比較したかったので、あえてキャリパーブレーキのモデルをお願いした。

それぞれにみんな、Canyonのハイエンドバイクで出発。左からAeroadのディスクブレーキモデル、キャリパーモデル、Ultimate CF SLX/SL DiscEndurace CF SL/ SLXとそれぞれに個性あるバイクが揃った。

京都市から北側へ、京都のライダーなら「お馴染み」のコースをまったりペースでいく。いやしかし、バイクが軽い……。エアロバイクにありがちな踏み出しや横に振った時の重さが微塵もなく、カンカンと入力を受け止めて前へ進んでくれる。上り坂も普段乗っているバイクと比べてギア2枚分くらい軽い感じ。

ところで登りスプリントでもがいてみたりしたけれど、うまく決まらなかった。バイクが軽すぎて、踏んだ瞬間からふらついてしまう。無意識にスチールバイクのワンクッション置く加速のためのペダリングをしているせいだけど、こういうカーボンバイクだったらとにかくストレートにパワーで踏み込むのが大事そうだ。スピードが伸びていくスチールバイクではなく、踏んだ瞬間からトップスピードに達するカーボンバイクとの違いが面白い。たしかにこれを乗りこなすなら、相応の脚力が必要だ。でも高速域での巡行はとても気持ちが良さそうだ。レースバイクの格。

そして京都。街から少し乗るだけで、山に出て走りやすい道につながる。やっぱりいい街だなぁ。

ちょっと腹が痛かったのだが、それがあんなことになろうとは……。(つづく。かもしれない)

編集者、ライター、サイクルロードレース実況担当(GCN)、レースMC、釣り人、シクロクロッサー。

自転車で行く釣り/Bike to Fishing/海外釣行/バス/渓流/シーバス

Latest from Blog

稲城クロス 2022 会場MCを担当しました

2019年10月の第5回大会を最後に開催が途絶えていた稲城クロスが久々の実施! 今回もありがたいことに会場MCを仰せつかり、稲城市へと馳せ参じました。 シクロクロスの普及レースとして位置づけられる稲城クロス。トップカテゴ

VISIT: 新潟県六日町

仕事で新潟の内陸部へ。ローカル線は前日から運休が決まっているというほどに、雪がすごく降っているということだが、大宮から乗った新幹線の車窓は、これでもかと晴れていて、これから雪国に行くという実感が持てないのであった。 トン

津波でレースがなくなることもある

津波注意報でシクロクロスレースがなくなった。短い人生も、生きていればいろんな理由でレースがなくなるものだ。シーズンオープナーの千葉シクロクロスでそこそこに走れたこともあり、気合は十分。前日にコース試走動画までチェックして

1月2日、登山

明けましておめでとうございます。年々、一年の振り返りもできないまま年末が過ぎ、新年になってしまうを繰り返しつつ、今年もよい年にしたいと思いを新たにする年始です。今年はできるだけブログを更新したい(…と毎年おもうのだけど)