2018-19 JCX #5 スターライトクロス幕張(UCI C-2)

/

秋口の土日が仕事だったこともあって、2018-19シーズンは11月中旬の幕張からスタート。前シーズンほとんどレースに出ていなかったので、まずは少しづつポイントを獲得することが目標。全日本選手権は、正直出場ラインに乗るのも難しいかもしれない。基準が変更になった残留に関しては、特に意識せず。

前の年から機材など特に変更なし。スチールフレームのIndependent Fabricationとカンチブレーキ、チューブラータイヤでホイールは手組みのアルミ。いけるところまで走ろう。

過去数年比でも自転車に乗れていない1年で、逆に自分に過度の期待もせずスタートラインへ。UCIレース、それもナイトレース、そしてメンバーは全日本選手権かというくらいにほぼフルラインナップ。今年も45分を目指す戦いが始まる……。

ウォームアップテントはRapha Cycling Clubのもの。テントがあるありがたさよ。PHOTO:Kei Tsuji

しかしカテゴリー1とはいえ、全日本選手権を走るためにUCI-JCXを中心にスケジュールを組み立てていくと、僕のような脚力だと毎回40分しかレースをさせてもらえず、フルラップを目指そうにも1時間の耐性もつかないものだから、やはり非JCXレースを求めて地方に出るのも大切かもしれない。正直、1時間を今走れる自信はない。かなしい。

とはいえ、メンバーの揃ったスタートラインにつける喜びもまた相応にある。レースのこの雰囲気、ワクワクする。

スタートは相変わらずキレがなく、後方からの発進。足がやや重く感じる。シーズン初戦の、この感覚の戻ってこなさよ。ひたすら耐える。

PHOTO:Kei Tsuji

Ruedaのオッチーにしばらくついていけるかと思ったが切り離され、やはり体の重そうな矢野さんに追いついてから、足が止まってしまった。これがこの日のミス。ガンガン行くべきだったけれど、足も残っておらず連れて行ってもらう安易な選択をしてしまった……。

PHOTO:Kei Tsuji

矢野さんから少し千切れたところで80%足切り。なんでもないようなこの数秒の差が大きいのだよね。48位で、残留に関わるAJOCCポイントを1ポイントゲット! 1て。残留も雲行きが……

切られてからのレース観戦。アンソニー・クラークの今さっきスタートしたばかりのようなキレのある走りに驚嘆しつつ、荷物をまとめる。各所で声援、カウベル、MCが鳴り響く中、ひとりワンピースを脱ぐ切なさを、今年もたくさん味わうことになる。

2018-19 JCX #5 スターライトクロス幕張(UCI C-2)
2018年11月10日(土)
順位:48位/64人 55% -4LAPS

 

編集者、ライター、サイクルロードレース実況担当(GCN)、レースMC、釣り人、シクロクロッサー。

自転車で行く釣り/Bike to Fishing/海外釣行/バス/渓流/シーバス

Latest from Blog

稲城クロス 2022 会場MCを担当しました

2019年10月の第5回大会を最後に開催が途絶えていた稲城クロスが久々の実施! 今回もありがたいことに会場MCを仰せつかり、稲城市へと馳せ参じました。 シクロクロスの普及レースとして位置づけられる稲城クロス。トップカテゴ

VISIT: 新潟県六日町

仕事で新潟の内陸部へ。ローカル線は前日から運休が決まっているというほどに、雪がすごく降っているということだが、大宮から乗った新幹線の車窓は、これでもかと晴れていて、これから雪国に行くという実感が持てないのであった。 トン

津波でレースがなくなることもある

津波注意報でシクロクロスレースがなくなった。短い人生も、生きていればいろんな理由でレースがなくなるものだ。シーズンオープナーの千葉シクロクロスでそこそこに走れたこともあり、気合は十分。前日にコース試走動画までチェックして

1月2日、登山

明けましておめでとうございます。年々、一年の振り返りもできないまま年末が過ぎ、新年になってしまうを繰り返しつつ、今年もよい年にしたいと思いを新たにする年始です。今年はできるだけブログを更新したい(…と毎年おもうのだけど)