2018-19 宇都宮シクロクロスDAY2 (UCI C-2)

/

宇都宮で楽しい夜を過ごして迎えるDAY2。昨日、レース終了後にオリオン通りにコンタクトレンズを買いに行ったので、今日はバッチリだ。前日優勝していることもありシェネルはリラックスした雰囲気。試走についてきな!とこれ以上ないありがたい申し出。もちろん、後ろをついて行く。コーチのピエールも一緒だけど、ピエールも「CXは全然なんだ」とか言ってたくせにフツーに走れる…。日本ならC1で普通に走れるレベル。これで本業は医者なのだというから恐れ入る……。

PHOTO:Makoto Ayano/cyclowired.jp

後ろを走りながらラインどりをしかと見る。コースをめいいっぱい使うラインどりは、自分には思いつけない類のもので、一切のムダな動きがないことを思い知る。この走りひとつとっても、どれだけの歴戦がその背後にあるかがうかがい知れるというもの。

この日は霜が溶け、シングルトラックとキャンバー区間が泥に。シェネルも片方をマッドタイヤにする変更をメカニックに要求していた。僕もメインバイクのブレーキの具合が思わしくなく不安を抱えていたが、ユキカゼさんから、「INFLITE乗ってみればええやん?」とのオファー。急遽お借りすることに。

サイズが合い、借りたのは、INFLITE AL SLX 6.0 RACEというアルミモデル。マチュー・ファンデルポールそしてスティーブ・シェネルが駆るインフライトのエントリーグレード。フレームはアルミ、メインコンポもSRAM APEX、ホイールはクリンチャーという仕様。重量は8.7kg。レーススペックとしては、物足りなさもあるかもしれないが、正直自分レベルの選手には十分。

それよりも走り出しの軽さ、タイトコーナーでのバイクの振りやすさ、そしてディスクブレーキの制動性が武器になると判断。カーボンフレーム、カーボンホイール、チューブラータイヤでなくても乗ったフィーリングに違和感はなし。

PHOTO:Nobuhiko Tanabe

PHOTO:So Isobe

スタートはやはり途中で息切れ。昨日以上に続かない感じ。せっかくバイクが軽いのに勿体ない…。ただし軽いギア比に助けられて、TKC3段坂は2段目上までは乗車でいける。それだけでも気が楽だ。シングルトラックの下りも、ブレーキが確実に効いてくれる。やはりディスクブレーキの恩恵は疑いようがない。

5年ぶりくらいにクリンチャータイヤを使ったけれど、低圧にした時の潰れ具合と路面の捉え方が懐かしい。1発当てちゃうと即パンク!のスリル感もある。ただ思ったよりもグリップもするし、自分の走っているグループのペースでは前後の選手に対してタイヤ上のディスアドバンテージは感じなかった。ついてきたタイヤは、SCHWALBEのX-ONE ALLROUND CL 33C。

PHOTO:Nobuhiko Tanabe

試走でシェネルの後ろで学んだライン取りも活かしつつ、ただ実戦ではうまくトレースできなかったりしてこのあたりもっと向上の余地あり。プッシュを続けるも、やはり30分で足切り。シェネルとフェリペ・オルツの2人による異次元のレースだった。-5LAPSて(2回目)

フランスチャンピオンは僕のバイクに乗ったのだった

2018-19 宇都宮シクロクロスDAY2 (UCI C-2)
2018年12月16日(日)
順位:39位/59人 66% -5LAPS

 

編集者、ライター、サイクルロードレース実況担当(GCN)、レースMC、釣り人、シクロクロッサー。

自転車で行く釣り/Bike to Fishing/海外釣行/バス/渓流/シーバス

Latest from Blog

1月2日、登山

明けましておめでとうございます。年々、一年の振り返りもできないまま年末が過ぎ、新年になってしまうを繰り返しつつ、今年もよい年にしたいと思いを新たにする年始です。今年はできるだけブログを更新したい(…と毎年おもうのだけど)

Ridley KANZO 4モデルインプレッション

バイシクルクラブにて、リドレーのグラベルロード〈KANZO〉を一挙4モデルのインプレションを担当しました。慣れないバイクインプレッションでしたが、乗り比べることで見えるものがあり、また同じモデル名に4つの「グレード」では

ぐっときた幕張クロス2020

11月最初の日曜日は、幕張クロスで会場MC担当でした。 稲城クロスに続いて、今シーズン2回目のシクロクロス会場MC。今回はJCXということで、ハイレベルな選手たちも集まり、より競技色の強い1日となりました。 天候にも恵ま

辻啓カレンダー2021

ジロも終わった10月末、しばしの休暇に大阪の啓兄を訪ねる。自転車メディアに止まらず活躍中のフォトヴィデオグラファーの岩崎さんも加わり、釣り好きメディア関係者で思いのまま1日釣竿を振ったのだった。サゴシ(サワラ)にハマチに