2018-19 宇都宮シクロクロスDAY1 (UCI C-2)

/

あのスティーブ・シェネルが来日する宇都宮シクロクロス。前々日にはトークセッションでご一緒し、そのシクロクロスにかける情熱の一端をファンにお伝えできたかと思うけれど、実際のところは伝えきれないほどに熱い思いとユーモアのある、偉大なチャンピオンであった。

産経CYCLISTにトークセッションの模様のレポートを寄せました:スティーブ・シェネルが海外目指す織田聖へ「人生を楽しもう」 日仏「クロス」トーク開催

UCIランキング16位、ワールドカップの1周目には必ず映像に映るような選手がいる中で、自分のできる走りは、ただ1秒でも長く走ること。トークセッションからの流れで、この2日間はCANYONのブースにてウォームアップやレースの準備をさせてもらいました。コンタクトレンズを忘れるという失態…。メガネで走ることに。

PHOTO:Satoshi Fukuda

スタート後、砂場まで踏み続ける区間が長い宇都宮。明らかに息切れし、砂場の前にはほぼ力を使い果たすというスタート。そもそものスピードも、持続力も思っているイメージからは遠い…。このあたりは高強度の練習を定期的に入れて上げてきたいところ。

PHOTO:Satoshi Fukuda
↑この日もブンちゃんと仲良く同じところを走っていた。

このキャンパーをS字に登って行くところ、シェネルの走りはズバ抜けていた。(↓3枚目の動画参照)

自分のレースは、ええ、30分でしたとさ……。マイナス5LAPSて。(翌日に続く)

2018-19 宇都宮シクロクロスDAY1 (UCI C-2)
2018年12月15日(土)
順位:29位/49人 59% -5LAPS

 

編集者、ライター、サイクルロードレース実況担当(GCN)、レースMC、釣り人、シクロクロッサー。

自転車で行く釣り/Bike to Fishing/海外釣行/バス/渓流/シーバス

Latest from Blog

稲城クロス 2022 会場MCを担当しました

2019年10月の第5回大会を最後に開催が途絶えていた稲城クロスが久々の実施! 今回もありがたいことに会場MCを仰せつかり、稲城市へと馳せ参じました。 シクロクロスの普及レースとして位置づけられる稲城クロス。トップカテゴ

VISIT: 新潟県六日町

仕事で新潟の内陸部へ。ローカル線は前日から運休が決まっているというほどに、雪がすごく降っているということだが、大宮から乗った新幹線の車窓は、これでもかと晴れていて、これから雪国に行くという実感が持てないのであった。 トン

津波でレースがなくなることもある

津波注意報でシクロクロスレースがなくなった。短い人生も、生きていればいろんな理由でレースがなくなるものだ。シーズンオープナーの千葉シクロクロスでそこそこに走れたこともあり、気合は十分。前日にコース試走動画までチェックして

1月2日、登山

明けましておめでとうございます。年々、一年の振り返りもできないまま年末が過ぎ、新年になってしまうを繰り返しつつ、今年もよい年にしたいと思いを新たにする年始です。今年はできるだけブログを更新したい(…と毎年おもうのだけど)