「 文章 Journal 」一覧

春は盲腸

春は盲腸

いつだって他人事なのだ、自分の身に起きるまでは。いつまでも止まないんだ、この腹の痛みが。まさかの盲腸であった。 ちょうど先週、勤めてい...

真夏の通り雨

真夏の通り雨

快晴の夏の日、夕暮れ前の一瞬に通り雨。太陽が照りつける最中の、あっけない土砂降り。 八ヶ岳最後の夏の物思いを加速させる。 真...

短歌がうたうもの

短歌がうたうもの

齢30になろうかという夏、周りではにわかに人生のひとステップを仏国で踏もうとする人たちがたくさんいて。 ある人は仏国へと旅立ち、ある人...