早朝、信州にて

昨夜の雨に心躍らせて早起き。川へ。

思っていたよりも珈琲牛乳色の流れ。これはどうしたものかとミノーを放る。

DSCF1762

可愛い奴が濁流から飛びついてきた。サンキュー。

それからも多くノせるが、ふっとバレてしまう。3匹立て続けに大物を逃して、さすがに「嗚呼、おい!」と誰もいない河畔で自らをたしなめる。この悔しさよ……。どうもロンドンでのストロング・スタイルの釣りが体に染み付いていて、5ftの竿を、シンキングミノーを瀬の中でどう扱ったものか勘所に欠く。

と、また魚信。今度こそはと慎重に。

DSCF1765

ならずともバレなさそうなくらいにがっぷりとくわえ込んでいた。26cm。言うことなし。

そぼ濡れた代償としても、悪くない。The reward of fishing under the rain is always worth it.

DSCF1769

先日ロンドンのFarlowsで買い求めたHARDYのプライヤも早速活躍。嬉しい。

DSCF1773

そのあとも小型が立て続けに出て、この日は計6尾。寒さすら覚えた、よい渓流の雨の朝。いつだって雨に濡れての釣りは、その価値がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする